用語解説GLOSSARY

Cookie

Cookieとは

Webサイトを利用した際に利用者の情報が保存されるファイルのことになります。利用者の情報の中にはログインIDやパスワードだけでなく、氏名や住所なども含まれるため、Cookieを使用するかどうかはセキュリティ設定で変更できるようになっています。

プライバシーマークとCookie

プライバシーマークではCookieに関する直接的な規定はありませんが、事業者のホームページなどに個人情報を入力する欄等ある場合、Cookieを利用することと取得した個人情報は公表している利用目的の範囲内で使用する旨を明示しているところが多いです。Cookieを使用しなければWebサイトの利用も限られてきるためどうしても必要なシステムにはなりますが、事業者もリスクを認識し対策しておくことが必要です。

ISMSとCookie

ISMSでもCookieに限定している規定はありませんが、システムに対する利用者の制限や暗号化、またアクセスログを取ったりバックアップを取っておくなどの管理策を講じることとなっており、Cookieを利用する上でのリスク対策にもつながるものです。

まとめ

Cookieを設定していることでWebを利用する際に入力の手間等が省けてとても便利な分、ネットワークを介して自分の情報がどんどん出て行ってしまうことになります。ウィルスの種類も多様化・複雑化しているため万が一感染してしまった場合には情報を抜き取られるなど、被害は大きいものになります。
自己判断にも限界はありますが、便利さとセキュリティの保護は反比例しているということを認識し、Cookieの利用時はWebサイトを確認することと、情報機器端末にセキュリティソフトを導入するなどの対策はできるだけ施しておくようにしましょう。

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画