用語解説GLOSSARY

委託先

委託先とは

事業者が活動する上で、業務を一部でも委託している別の事業者のことを指します。

プライバシーマークと委託先

プライバシーマークでは「委託先の監督」という要求項目があり、個人データを委託している事業者の管理について手順を定めるように求められています。
まずは委託先の選定を行うにあたって事業者が定めた基準を満たしているかどうかを評価し、次に、委託する個人データの安全管理が図られているかなどを、継続して定期的に委託先の評価を行うことが必要です。

委託先での事故

昨今の個人情報に関する事故の中には委託先で発生しているケースも少なくありません。
そのため、プライバシーマーク制度の発足時には「委託先の管理」となっていましたが現在では「委託先の監督」として少し厳しいものに変わりました。

ISOと委託先

ISOでは外部提供者や利害関係者の中に委託先が含まれます。ISOでも事業者の決めた基準に基づいて評価をし、継続していくことが同様に求められていますが、ISO14001だけは委託先について手順を求めるなどは要求事項で直接求められていませんが、適用管理として必要な程度において管理することが必要です。

まとめ

事業活動を行う上で、何かしら委託先を使うことは必要不可欠なものです。マネジメントシステムを運用する上でも、委託先が適切であるかどうかを評価し監視していくことで、不適合や苦情または事故等を防ぐことにもなる重要な仕組みであることを認識しておきましょう。

Pocket

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画