用語解説GLOSSARY

環境影響

環境影響とは

組織の活動や製品またはサービスなどから、環境が少なからず変化することを意味します。
悪い影響(有害)・良い影響(有益)どちらも含みます。

ISO14001と環境影響

ISO14001では組織が決定する環境側面により、有害な環境影響・有益な環境影響・その他の影響に関するリスク及び機会が出てくるとされています。
著しい環境側面の基準には規模・深刻度・継続時間・頻度などの環境影響による場合もあり、どこで管理・改善が必要になるかを決定して取り組むことが必要になります。

環境影響の緩和

有益な環境影響は継続または増やしていきたい要素になりますが、有害な環境影響はできるだけ防止または緩和していかなければなりません。
その処置が必ず必要になってくるのが不適合や緊急事態が発生した場合です。
また、初期だけでなく二次環境影響を考慮することや、過去に発生した緊急事態も環境側面の1つとして洗い出しておくことも重要です。

まとめ

ISO14001を運用することは「環境にどう影響するか」を考えながら活動することです。
洗い出された環境側面の中でも特に著しい環境側面となった場合、目的目標とするなどで必要な管理・改善を実施しましょう。
また、不適合や緊急事態が発生した場合にはまず有害な環境をできるだけ防止・緩和をするための処置を講じてください。

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画