用語解説GLOSSARY

緊急事態

緊急事態とは

緊急に処置を加えなければならない重大な事態のことです。
定義する事柄は事業者によって細かくは異なりますが、外部からのクレームや事故や事件等が起こった場合など、緊急事態として処置をしなければなりません。
緊急事態に対応できるよう、テスト訓練の計画と実施が必要になります。

プライバシーマークと緊急事態

プライバシーマークでは緊急事態を特定するための手順とその対応を実施・維持することを求めています。
個人情報保護マネジメントシステムを運用する上でまずやるべきことは緊急時の連絡リストを作成しておくことです。
(その連絡リストには本人や社内だけではなく、監督官庁(経産省など)やJIPDECも報告先として入れておく必要があります。)
実際に起きた場合には二次被害を防ぐとともに書面にて連絡リストを元に、内外への報告を行います。
その際に、原因とその対策について処置し、公表しなければなりません。

ISOと緊急事態

ISOでも緊急事態の対応手順を定め、維持することを求められています。プライバシーマーク同様、緊急時の連絡リストの作成、発生時には内外への連絡と是正処置までの対応が必要となります。

まとめ

緊急事態はできることなら起きてほしくないものですが、万が一発生してしまった場合、速やかに処置を行うことが被害を最小限に食い止められることにつながります。
そのためには、マネジメントシステムで定められている通り、あらかじめ緊急事態への対応手順を定めておくことが重要になります。

Pocket

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画