用語解説GLOSSARY

小型家電リサイクル法

小型家電リサイクル法とは

廃棄する小型の家電から使える部品や材料をリサイクルすることと、環境汚染防止を目的とした法令です。

ISO14001と小型家電リサイクル法

ISO14001では守るべき法令や規制における順守評価を要求しています。
小型家電リサイクル法はパソコンや携帯電話、タブレット端末など約400品目に及ぶ家電を廃棄するときに適用となる法令です。
正しい処理をしなかった場合に無許可の業者などによる違法な処理や不法投棄が行われ、環境汚染へとつながってしまいます。
小型家電を廃棄処理した場合には順守評価でも適切だったかどうかを見直すようにしましょう。

実際に小型家電を廃棄する場合

小型家電を業者に依頼する場合には、国の認定を受けた「認定事業者」であるかどうかを確認して回収してもらう必要があります。
業者を選択したら、廃棄する小型家電に残っている個人情報などのデータは必ず消去するようにしましょう。分からない場合には、データ消去も併せて行っている業者を利用しましょう。

まとめ

小型家電リサイクル法によって必要な部品や材料が再利用されることで環境汚染の防止、ごみの減量、資源の再利用が促進されるようになりました。
最近では、宅配回収している業者もあり、便利になってきています。

Pocket

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画