用語解説GLOSSARY

個人情報保護監査責任者

個人情報保護監査責任者とは

社内で行われる監査の計画・実施・報告など運用に関する責任者となります。
トップマネジメントとして代表者が事業者の内部の者から指名し、実施・運用に関する権限を付与しなければなりません。

プライバシーマークと個人情報保護監査責任者

プライバシーマークにおいて内部監査はPDCAサイクルの中でも重要なシステムの1つになり、その責任者にあたります。
ただし、特別な資格や知識が必要なわけではありませんので、公平かつ客観的な立場において社内から誰でも指名される権利を持っています。

個人情報保護監査責任者の役割

具体的な役割としては、内部監査の計画立案・指揮系統・実施を行います。そのため、内部監査を行う監査員の選定も個人情報保護監査責任者に権限があります。監査員についても、特別な資格や知識は必要なく、外部者を招いてもかまいません、
ただし、監査の客観性及び公平性の確保のため、監査員が自身の所属部門を監査してはいけません。
また、内部監査実施後は監査報告書の作成及び実施結果をトップマネジメントへ報告する必要があります。

まとめ

個人情報保護監査責任者は内部監査の責任者であるため、個人情報マネジメントシステムの中でも重要な役割者の1人となります。特別な資格や知識は必要ありませんが、個人情報の取り扱いが適正かどうかのチェックを行う大事な取り組みがあることを認識しておいてください。

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画