用語解説GLOSSARY

教育

教育とは

マネジメントシステムにおいて、業務やそれに携わる活動が向上するように理想と現実のギャップを埋めることを指します。

プライバシーマークと教育

プライバシーマークでは教育の実施は必須の要求項目になります。その実施方法については構築時に手順を定めることとなっており、教育責任者がまず計画を立て、使用する資料等を準備し、実施時にはテストやアンケートなどで有効性を確認します。資料等は何を活用するかなどは事業者の自由となっていますが、教育内容の中に入れなければいけない要素が3つあります。
1つ目は個人情報保護マネジメントシステムに適合することの重要性及び利点、2つ目は個人情報保護マネジメントシステムに適合するための役割及び責任、3つ目が個人情報保護マネジメントシステムに違反した際に予想される結果です。
また、欠席者や中途入社などには都度教育するなど、全員が教育を受けることが必須です。

ISOと教育

ISOでは力量とも呼ばれ、教育に入れなければならない決まった要素等はなく、事業者が求める必要な力量を、必要な人が、必要に応じて受けるものとされています。
ただし、ISOも同様に教育をする以上は有効性の評価が求められています。

まとめ

マネジメントシステムを運用するのに、教育をすることはPDCAサイクルの中でのD(実施)にあたる重要な仕組みです。
どうしたいのか、実際にどうだったか、次にどうつなげたいかを明確にしておくことで1人1人の力がレベルアップしていくでしょう。

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画