用語解説GLOSSARY

目標及びそれを達成するための取組みの計画策定

目標及びそれを達成するための取組みの計画策定とは

マネジメントシステムで定めた目的や目標について、あらかじめ管理する項目を定めて計画し、実施することを意味します。

ISO9001と目標及びそれを達成するための取組みの計画策定

ISO9001では目標の管理に必要な項目として、実施事項・必要な資源・責任者・実施事項の完了時期・結果の評価方法が要求されています。

ISO14001とISO27001(ISMS)と目的目標及びそれを達成するための取組みの計画策定

ISO14001とISO27001(ISMS)では目標または目的の管理に必要な項目として、実施事項・必要な資源・責任者・達成期限・結果の評価方法が要求されています。
ISO9001ともほぼ同じ内容です。

内部監査及び審査でのポイント

ここでは目的や目標管理の要求事項が明確なだけに、チェックもしやすいポイントでもあります。そのため、内部監査や外部審査でも漏れなどがあれば指摘にあがりやすいところです。
結果の評価方法は定量でも定性でもかまいませんが、重要なのは誰がみても達成されたかがわかるようになっていることです。

まとめ

目標設定時には必要項目をフォーマットに落とし込み、漏れのないように運用していきましょう。結果の評価方法は誰がみてもわかるような達成基準であることが重要です。

Pocket

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画