用語解説GLOSSARY

認定個人情報保護団体加盟

認定個人情報保護団体加盟とは

個人情報の取り扱いに関する苦情や事故などについての消費者の問い合わせ先であったり、個人情報や匿名加工情報に関して事業者へアドバイス等を行っており、個人情報保護委員会が認定している団体に加盟することを意味します。

プライバシーマークと認定個人情報保護団体加盟

プライバシーマーク付与事業者は、審査通過時に認定個人情報保護団体に加入するかどうかの選択ができます。
加入は任意でありますが、加入するとなると認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申し出先を本人が分かるように通知や公表するなどしなければならず、次回の審査時にも通知や公表がされているかを確認されます。
反対に、加入を辞退した場合にはその記載内容を削除する必要があります。また、加入にあたっての費用はありません。

まとめ

認定個人情報保護団体はJIPDECが運営している、プライバシーマークにおいて個人情報の取り扱いに関しての公的な窓口となります。
プライバシーマークでは認定個人情報保護団体への加入は希望事業者のみとなってますが、加入した場合には個人情報の取り扱いに関するもう1つの窓口として自社のホームページなどに記載しておかなければなりません。
加入したかどうかわからない場合はJIPDECのホームページにも対象事業者リストとして公表されていますので確認することもできます。
次回の審査までには対象事業者になっているかどうか、なっている場合は認定個人情報保護団体について自社が通知・公表しているかまで確認しておいてもよいかもしれません。

Pocket

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画