用語解説GLOSSARY

汚染の予防

汚染の予防とは

環境面での悪影響を防止または緩和する活動のことを意味します。

ISO14001と汚染の予防

ISO14001では「汚染の予防」自体に文書化の要求はないため、どのような活動をしているか、などの記録までは必要ありませんが、唯一、環境方針に汚染の予防について組み入れることとされています。
汚染の予防として、発生源の低減または排除、製品やサービスの変更、効率的な資源の使用、代替できる材料の使用、リサイクル、回収・再生・処理などが挙げられ、なにかしらの形で目標達成のための活動が汚染の予防につながってきます。

環境側面と汚染の予防

ISO14001は有害な環境影響をいかに低減するかが最重要課題となっています。
そのため、環境側面を決定する際には大気・水・土壌など自然環境への排出を考慮することも含めるため、必然的に汚染予防を前提とした考えになってきます。

まとめ

ISO14001では、自然環境における汚染の予防は組織が取り組むべき重要な活動であり、
「汚染の予防」を含めて環境方針を策定する必要があります。
環境負荷の少ない材料の使用や、土嚢など天災による環境被害を出さないための防止策、
有害な環境影響を防止・緩和するための活動
も環境側面として捉え、継続していきましょう。

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画