用語解説GLOSSARY

PDCAサイクル

PDCAサイクルとは

マネジメントシステムを運用する上で必要不可欠な仕組みです。
Plan:計画を立て、Do:実施し、Check:点検をして、Act:改善して、マネジメントシステムを継続的に運用します。

プライバシーマークとPDCAサイクル

プライバシーマークではまず、個人情報保護方針を立てて文書を策定し、その上で個人情報を特定・教育や監査等の計画を立てることがPに当たります。次にDとして、安全管理対策の実施や委託先の評価・従業員教育を実施します。そしてCにあたるのが内部監査や日常点検となり、その結果をもってAとなるマネジメントレビューを実施するよう求められています。

ISOとPDCAサイクル

ISOでも方針を立てて文書を策定してからマネジメントシステムを運用していきますが、プライバシーマークで実施するサイクルとさらに、Pの中に目標策定やDにはリスクへの対策・取り組みも出てきます。

まとめ

事業を運営するにおいてもPDCAサイクルはとても重要なものです。
特に、CとAが徹底されていない事業者も意外に少なくありませんので、計画を立てて実施するだけではなく、チェックをして改善まで行うことでマネジメントシステムをはじめ、事業者全体の改善につなげていきましょう。

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画