用語解説GLOSSARY

プロセスの運用に関する環境

プロセスの運用に関する環境とは

マネジメントシステム活動において必要な制度等、仕組みのことを意味します。

ISO9001とプロセスの運用に関する環境

ISO9001では従来の作業環境という項目が見直され、2015年の改訂版によりプロセスの運用に関する環境が新たに項目として追加されました。
インフラストラクチャーは設備等モノであることに対して、ここでは人的及び物理的環境を把握し、適切な環境を維持していくことが狙いとしています。
適切な環境とは、社会的・心理的・物理的な要因が活動を左右することもあるため、明確にし問題があれば対応していくことで、活動が維持できるようにします。

プロセスの運用に関する環境の事例

どの事業者でも大半が実施している人事評価制度や、新たに事業者に対して義務化されたストレスチェックもこれに当たります。
また、健康診断や危険作業にあたる従事者には作業着を貸与する、熱中症予防のためスポーツ飲料水を配ったり外作業者のためにスプリンクラーをまわす、などもあります。

まとめ

プロセスの運用に関する環境は、特に従業者が業務をする上で社会的・心理的・物理的な要因から活動が維持できるように組まれた制度や仕組みのことです。
ストレスチェックなど、近年急速に増加しているうつ病などの対策もその1つです。
従業者やその環境を把握し、問題があれば対応し、事業活動が維持し続けられるよう環境を整えていきましょう。

Pocket

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画