用語解説GLOSSARY

騒音規制法

騒音規制法とは

相当な範囲での騒音について生活環境を保全することを目的として定められた規制のことです。

ISO14001と騒音規制法

ISO14001では守るべき法令や規制における順守評価を要求しており、騒音規制法もその1つです。
対象となるのは、工場や事業場で大きい音が出る場合、建設業、自動車を利用する場合、深夜に大きい音が出る場合に義務が課せられます。

騒音規制法によって順守すべき内容

騒音規制法は自治体によっても適用条件や順守事項が異なるため確認しておく必要があります。例えば東京都では、工業地域における日中の音量基準は70デシベルですが、居住地域では45デシベルまでとなっています。
また、大きな音が出る施設の設置には自治体への届け出が事前に必要であり、届け出の期日も自治体や設置場所・規模によっても異なるため合わせて確認しましょう。
ちなみに、音の計測機器は昔から騒音計がありますが最近ではアプリでの開発も進んでおり、より便利になっています。

まとめ

騒音は一見すると環境汚染とは外れたもののように感じますが、騒音による苦情は毎年約2万件にのぼっています。人々の生活を守り、健康を保護するためには騒音被害をできるだけ防ぐ必要があるため、騒音規制法に則った上で事業活動を継続していきましょう。

用語集一覧に戻る
  • ISO総研紹介動画

  • ISO総研のサービス紹介動画