ISO新規認証において準備ポイントとなることは?


ISO総研の佐藤です。
ISOを取得することとなり、まず最初に準備のポイントとなること、
それは全体スケジュールの把握です。

ISOの認証の為には必要な物が多々あり、それにどれくらいの時間・コストを掛けるのか?
そこを概算でも計算しておく必要が有ります。

品質と環境それぞれ被る部分もありますが分けて考えてみましょう。

◆品質
適用範囲の選択
役割と責任決め
コンサルタントの選択
審査機関の選択
社内プロセスの把握
ISO文書の構築
目標の設定
内部監査
マネジメントレビュー
◆環境
適用範囲の選択
役割と責任決め
コンサルタントの選択
審査機関の選択
ISO文書の構築
環境側面の特定
法令の特定
目的・目標の設定
緊急事態のテスト
内部監査
マネジメントレビュー
それぞれに上記の事を審査までにしなくてはなりません。
また、コンサルタントは使わなくても問題有りませんが
時間は大幅に短縮できるため、結局コストも安くかかる事も多いでしょう。

自社でISOに対しての時間とコスト、どれくらい掛けたいかを事前に算出しておくのも一つの考え方でしょうね。

メールアドレス