経営計画書1冊でISO9001が認証できる?


皆さんの会社には経営計画書はありますか?
当社、ISO総合研究所にはあります。
経営者の熱き思いが詰まった経営計画書。
実際の経営数字だけでなく、企業としての方針や目標、
その他スキルマップやスケジュールまで詰まった110ページにも及ぶ経営計画書が。
そこで改めて、この経営計画書をISOに生かすにはどうしたら良いでしょうか?

ISO9001 の規格(要求事項)を読んで、これからシステムを作ろうとする企業が困るのは、
「規格を自社にどうマッチさせればいいのか?」という問題でしょう。
すでに 導入されている企業からお聞きするのも
「ISOはなんとか取ったが、実際会社に役立っているかというと疑問が残る。効率が落ちた気がする」という声です。

これらは一言でいうと、今まで企業にあった仕組みとISOのシステムのマッチングの問題です。
経営計画とマネジメントシステムの計画を一体化させることで、一体化を図ることができます。

ISOは企業の既存のシステムを否定していません。
むしろ、既存のシステム(会社らしさ)を大切にしてスムーズなマッチングを要求しているのです。

つまり、経営計画のPDCAを回していくことがISOのPDCAに結びつくわけです。
更には突き詰めていくと、経営計画の集大成である経営計画書を「1冊」と呼べる域にまで作り込めば、
ISO9001の規格要求は恐らく大半を満たしているはずです。
そのままで一度審査を受けてみるのも一つの手でしょう。落ちることはないはずです。

メールアドレス