「ISO9001を新規認証するには作業手順書がたくさんいりますよね?」


ISO総合研究所の竹嶋です。

 

現場でお話をお伺いしていると、

 

「ISO9001/ISO14001を新規認証するには作業手順書がたくさんいりますよね?」

 

というお話をよくお伺いします。

 

実際にはISo9001/ISO14001を新規認証するにあたって、

作業手順書はたくさん必要なわけではありません。

ISO9001/ISO14001では作業手順書の作成は要求されておらず、

御社で必要だと感じた場合には作成するようにと要求されています。

 

また、「顧客からの指示書」や「対応マニュアル」など

ISO9001/ISO14001の新規認証を始めたから作るというわけではなく、

自社で作成していなくても元々手順書に該当するものもあります。

 

例えば、

・各機械の操作説明書

・機械を操作するために貼った①②③という番号表示

・エアコンの操作のところに貼ってある「夏場は冷房28度以下に設定すること」と表示した張り紙

・PCに貼った付箋によるメモ

などです。

こういったものはも全て手順書になるので、

ISO9001/ISO14001の新規認証の時にはこういう手順書があると出しても問題ないでしょう。

 

ISO9001/ISO14001新規認証を始めたから作業手順書を作る必要があるのではなく、

実務で必要かどうかを考えて、ISO9001/ISO14001のための手順書を作らないように

ISO9001/ISO14001新規認証に取り組むようにしましょう。


メールアドレス