ISO14001の環境影響評価の点数制


ISO総合研究所の河野です。

 

ISO14001を運用するにあたって、

ISO14001の環境影響評価を実施して、

「著しい環境側面」を特定する方法に

点数制を用いている会社を見ることがあります。

 

点数制を用いれば確かに環境への影響を点数化し、
環境負荷の程度が高い側面を浮かびあがらせることが

出来そうな気がします。
そもそもISO14001でいう「著しい環境側面」とは、
「組織の環境的な重要課題」であって点数制を使用すると、
この考え方がぶれる可能性があります。

ISO14001の「著しい環境側面」が大量にあったりした場合、
組織にとって本当に重要な課題なのか、見直してみてもいいでしょう。

 

具体的な例でいえば、

毎回、ISO14001の著しい環境側面に紙が出てくる。

確かに使用量は多いものの業務上仕方がない。

 

でもあがってきたから取り組まなきゃなと

無理に紙を減らす活動をしているケースがあります。

 

そんな場合には環境影響評価の点数制で

本当に重要な「著しい環境側面」が特定できているか

見直してみてください。


メールアドレス