• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年3月19日

ISO9001、ISO14001、ISO27001の文書の識別

ISO総合研究所の前田です。

ISO9001、ISO14001、ISO27001では、ISO9001、ISO14001、ISO27001の文書管理で、ISO9001、ISO14001、ISO27001の文書が識別できるようにしなさいという要求事項があります。

企業規模が大きくなるほど傾向が強くなりますが、複雑な文書番号をつけて、ISO9001、ISO14001、ISO27001文書を識別管理している企業様をよくお見かけします。

ISO9001、ISO14001、ISO27001の文書同士が、違うものだと分かればよいので難しく考えない方が良いです。同じ名称の文書や似た名称の文書がないのであれば、「文書名」で十分識別可能かと思います。

しかし、規模の大きい企業様で、部署ごとに文書管理されており、同じ名称の文書が各部署にあり、内容が違うようなケースの場合は、文書名での識別は困難なので、文書番号を割り振って識別するという方法がよくなります。問題なのは一つのやり方にこだわって正しいと思いながら進めることです。

さて、御社のISO9001、ISO14001、ISO27001の文書識別ルールは御社の実態にあったものになっていますか?今一度見直してみてください。

カテゴリー:ISOコラム

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

関連記事

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ