• ISO
  • Pマーク
  • ISMS

コラム

  • 2014年3月25日

ISO14001の環境側面


ISO総合研究所の前田です。

 

ISO14001の環境側面の洗い出しですが、

洗い出しを細かくしすぎて大変になっていることが

多くあります。

 

例えばある製造業さんの例ですと、

製造部のISO[14001環境側面として、電気の使用、廃棄物の排出を洗い出し、

現場の設備機械のISO14001環境側面として、切削機械で電気の使用、廃棄物の排出を洗い出し、

製造工程の流れの中のISO14001環境側面として、電気の使用、廃棄物の排出を洗い出していました。

 

やり方自体が間違えているわけではありませんが、

色んな切り口から見過ぎで同じISO14001の環境側面で

同じものが何度も何度も出てくる形になってしまい、

管理ができないような状態でした。

 

色々な切り口から見ることは大事ですが、

同じものが出てきて管理ができなくなるぐらいなら、

管理ができるようにルールを作るべきかなと思います。

 

自社のISo14001の環境側面がやりすぎていないか、

管理できないような状態になっていないか

今一度確認してみてください。

 


カテゴリー:ISOコラム
関連記事
0120-068-268
資料請求
お問い合わせ