ISO9001の7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー(建設業の場合)


ISO9001の規格要求事項で

7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー

というのがあります。

 

ISO9001の規格要求事項では、

製品に関連する要求事項をレビューしなければならない。このレビューは,組織が顧客に製品
を提供することに対するコミットメント(例 提案書の提出,契約又は注文の受諾,契約又は注文への変
更の受諾)をする前に実施しなければならない。

と書かれています。

レビューとは評価のことで、簡単に言うとお客様にその仕事やりますという前に、

そのお仕事をうちの会社はできるのかなというのを評価しなさいということです。

 

建設業の場合ですと、

自社の施工能力を超える工事に

入札はしないですよね?

積算して見積もり出すこともないと思います。

 

それはその工事がうちの会社でできるのか評価した結果、

出来ないと判断したということになります。

 

逆に工事ができると判断した際には積算も実施して、

見積書を出して、承認印を押すことでしょう。

 

つまりは見積書を出すこと自体が要求事項をレビューした結果ということになります。

ISO9001の7.2.2で求められているレビューの結果の記録は、

承認された見積書ということになります。

 

無理なことはせずに今やっていることをISO9001に当てはめて

ISO9001を新規認証するようにしましょう。


メールアドレス