• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年4月8日

ISO14001の力量について

ISO総合研究所の前田です。
ISO14001の力量評価についてお話ししたいと思います。

著しい環境影響の原因となる可能性を持つ作業を実施する人には、きちんとした力量を持たせるようにと言われています。

ここで問題になるのが、ISO14001の環境側面を紙ごみ電気にしていると、それらが与える環境影響についてのお仕事の力量を整理することになり、実務と遠くなるケースが多いです。

ある金属加工業の場合は、よく紙を使うので、PC操作などが力量に上がっていました。この力量を整理されているのが現場でNCやプレスを動かす方たちでした。

これが悪いわけではありません。ただ現場の方の力量などは、実際のお仕事がうまく進められることのほうが大事ですし、お仕事で不良を出さないように進められるほうが、環境影響はよくなっていくでしょう。

ISO14001に取り組むと環境ということを考えすぎますが、そうではなくて、実際の業務の中で環境に配慮できること、またその中でお仕事に必要な力量を整理できればよいと思います。

ISO14001にお仕事が振り回されないようにしましょう。

カテゴリー:ISOコラム
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ