• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年4月28日

ISO9001の7.5.3 識別及びトレーサビリティ

ISO総合研究所の前田です。
ISO9001の7.5.3識別及びトレーサビリティについてお話ししたいと思います。

ISO9001の7.5.3では、お仕事をする中で使用するものや不適合になったものを区別がつくようにしたり、まずいものが使われているのがわかった時点で、どれがまずいのか追いかけられるようにしておく必要があります。

例えば建設業の場合、現場ででた廃棄物は置き場に囲いをして、看板を立てたりしてわかるようにしていたりします。材料置き場なども同じです。

また、現場で使用したビスなどに後々承認が下りていないものだったなどのことが分かった場合に、その使用された現場はどこかを後でわかるようにして追いかけるのがトレーサビリティです。

こういった普段からやっていることをISO9001の7.5.3に当てはめて運用することをお勧めします。

ISO9001用のルールを作るのはさけるようにしましょう。

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
カテゴリー:ISOコラム
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ