ISO9001 の7.3 設計・開発


ISO総合研究所の田中です。
本日はISO9001の7.3設計・開発についてお話したいと思います。

ISO9001の7.3では顧客のニーズを含めた製品に必要な条件を、
製品仕様と品質及び付帯仕様として、設計開発活動を確立し、実行仕様というものです。

例えば製造業では、ISO9001の設計開発となると図面や仕様書の作成などがあたります。
一から作る場合や、お客様からのご要望をそのままの形では
製品づくりに移行させられない場合など、
図面・レシピ・仕様書などを作成することによって、
製品づくりを実現させられる形(特性・仕様)に持っていく活動・プロセスとなるでしょう。
また、このことから言えば、製品が特定される前の研究開発や技術開発は含まれないことになります。

そしてよく見かけるのがISO用の仕様書や工程表の作成。
必要なのは、いつ・何を元に(顧客要望)・作成者は・承認者は
があれば、各自のノートでもかまいません。

そしてISO9001では出来上がった図面がお客様の要望通りになっているかを
社内で検証し、お客様と一緒にできた図面に問題がないか妥当性確認を行う。

どうでしょうか?
ISO9001は設計開発という言葉を難しく考えがちですが、
製品の起源の流れを考えてみましょう。


メールアドレス