ISO9001(QMS)の6.2.2 力量、教育・訓練及び認識


ISO総合研究所の戸沼です。

本日は、
私どもにもよくご相談の寄せられる、
ISO9001(QMS)の6.2.2 力量、教育・訓練及び認識 の項についてです。

一般的には、
スキルマップを作って、
教育の計画を立て、
教育の実施記録を残し、
有効性の評価をその記録に残す、
と認識されているようなので、皆様困ってしまうようですね。

ISO9001(QMS)規格要求事項では、
どのようなことが書かれているでしょうか?

端的には、
要員に必要な力量を明確にする、
必要な力量が不足している場合には、その必要な力量に到達することができるように教育・訓練を行うか、又は他の処置をとる。

ここだけ見てみると、
スキルマップも教育の計画も、
決して要求事項ではないようですね。
さらに、必要なければ教育・訓練を実施する必要性もないということですね(笑)
あとは、皆さんが日常的に活用しておられる作業報告書や作業日報を少しアレンジすれば、
充分に効果的な教育・訓練の記録になりそうです。

中小企業のお客様がよくお悩みになっているのが、
この本来目的の達成のために必要性を感じない、
スキルマップや教育計画が本当に必要なのかという点です。

ISO9001(QMS)要求事項が求めている事柄と照らし合わせてみますと、
皆さんが迷路に迷い込んでいた要因の一端が見えてくるかもしれませんね。


メールアドレス