• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISOコラム
  • ISO9001において製造業で製品実現の計画としては、どんな書類が必要なの?
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年6月11日

ISO9001において製造業で製品実現の計画としては、どんな書類が必要なの?

いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所の田中陽介です。

ISO9001では7.1項に『製品実現の計画』という項目があります。製造業でいうと、ISO9001を取得している企業として製品を造る際に“計画を立てて取組みましょう”という内容です。
更に、計画を立てる際は“幾つかの決められた項目を含みましょう”ということです。

では、実際どういう書類が該当するか、例を挙げてご紹介いたします。

・お客様が作成する所要表(週単位や月単位と様々)
・製造の工程に入る前の段取りを記した記録
・自社内で作る製造指示の記録(製造指示書や作業指示書という名称で呼ばれていることが多い)
・QC工程表

主に、ISO9001という観点から見ると上記が該当するのではないでしょうか。
そして多くの企業では、一つの記録だけではなく複数の記録を併せて“計画”として工程を進めていくことが一般的かと思います。

是非自社内で、上記の名称に近い記録を探してみてはいかがでしょうか?
きっと製品を造る上で、ISO9001の7.1項でいう“計画”にあたる項目が記載されているはずだと思います。

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
カテゴリー:ISOコラム
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ