• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年6月12日

ISO14001の緊急事態のテストについて

ISO総合研究所の前田です。

ISO14001のお手伝いをしていると、このようなお話を聞きます。

「ISo14001緊急事態のテストで、避難訓練てしないといけないんですか?」

結論から言いますとしなくてもかまわないです。
これだけだと少し語弊があるので、避難訓練でも良いし、別の事でも良いということになります。

ISO14001の要求事項では、

組織は,緊急事態への準備及び対応手順を,定期的に,また特に事故又は緊急事態の発生の後には,レビューし,必要に応じて改訂すること。組織は,また,実施可能な場合には,そのような手順を定期的にテストすること。

というように書かれています。

まず大前提として、「実行可能な場合には」と書かれているので、実行可能な時のみテストの実施が必要になります。また、手順のテストが必要なのであって、避難訓練をしろという記載はどこにもありません。

大事なのは緊急事態が起きたときのために準備、手順を整えて、それがきちんと進められるのかどうか、問題ないのかどうかをテストする必要があるだけなので、それに該当することであれば、避難訓練である必要はありません。

企業様によっては、ISO14001の緊急事態のテストのために土日潰して避難訓練を実施しているところもあります。実質的には避難訓練も行っておいた方が良いかなとは思いますが、ISO14001で避難訓練を行いなさいということを言っているのではないのを分かって頂けたらと思います。

無理のないISO14001の運用をするようにしましょう。

カテゴリー:ISOコラム

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

関連記事

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ