• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年6月27日

ISO14001の法令の洗出しについて

ISO総合研究所の前田です。

ISO14001の規格にはこのような記載があります。

組織は,次の事項にかかわる手順を確立し,実施し,維持すること。
a) 組織の環境側面に関係して適用可能な法的要求事項及び組織が同意するその他の要求事項を特定し,参照する。
b) これらの要求事項を組織の環境側面にどのように適用するかを決定する。
組織は,その環境マネジメントシステムを確立し,実施し,維持するうえで,これらの適用可能な法的要求事項及び組織が同意するその他の要求事項を確実に考慮に入れること。

この通り運用可能な法的要求事項(その他の要求事項)を特定し参照することが求められています。

ISO14001を新規認証する企業様の場合、法的要求事項を洗い出しすぎて大変になっていることが多くあります。特に自社に関係の無い法令まで洗い出してしまっている場合です。

化学物質を特に取り扱っていないのにPRTR法を洗い出していたり、順守事項がほとんどない環境法を細かく切り出して洗い出していたりします。

自社に該当するかはの評価は必要になるかと思いますが、今後も事業が変わらない限りは該当しないような法令は、何度も洗出しする必要はありません。
ISO14001を新規認証をする際には余計なことが増えないように気をつけましょう。

カテゴリー:ISOコラム
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ