認定機関って、なに?


街中を歩いていると町工場に「ISO9001認証」であったり「ISO14001取得」などの看板を目にすることはありませんか?

これは、会社や団体が「お客様の満足」や「環境に配慮」という側面で仕事をちゃんとしてますよ。という証明だったりします。
「ISO9001」や「ISO14001」というものは国際的な規格のため、公平な立場の機関が審査することで証明されます。
この公平な立場の機関のことを認定機関と呼びます。

認定機関はISO9001やISO14001など各規格によってさまざまですが、60を超える認定機関があります。

認定機関による、ISOの審査は、認定機関によって全く異なります。
例 えば、3,000人規模の大手企業向けの審査を行い、ルールどおりに出来ているかを見るような形式張った審査をする認定機関もありますし、現場がどのよう に仕事をしているのか、その仕事を改善することはできないか?というような視点で審査をするような認定機関もあります。

通常、本業があってその合間にISOのことを行ったりしているときに、ルールどおりにできているかどうかなどを見られる審査機関はあまり選びたくはないですよね。

どういった認定機関を選ぶかは皆様の自由ですが、自社の方向性と同じ方向を向いてくれる審査をしてくれる認定機関を選びたいですね。


メールアドレス