スキルマップは必要なの?


社内でいろいろな教育をされていると思いますが、
その記録を残しているお客様がほとんどです。
特に品質マネジメントシステムを取得しているお客様は
個人の力量がわかるようにスキルマップを作成している場合が多いですね。
では、スキルマップは本当に必要でしょうか?

結論としては必ずしも必要ではありません。
以下、品質マネジメントシステムの要求事項です。

6.2.2 力量,教育・訓練及び認識
組織は,次の事項を実施しなければならない。
a) 製品要求事項への適合に影響がある仕事に従事する要員に必要な力量を明確にする。
b) 該当する場合には(必要な力量が不足している場合には),その必要な力量に到達することができるように教育・訓練を行うか,又は他の処置をとる。
c) 教育・訓練又は他の処置の有効性を評価する。
d) 組織の要員が,自らの活動のもつ意味及び重要性を認識し,品質目標の達成に向けて自らがどのように貢献できるかを認識することを確実にする。
e) 教育,訓練,技能及び経験について該当する記録を維持する(4.2.4 参照)。

e)の教育の実施後は証拠を示すために記録を作成して管理しなければいけませんが、それ以外のa)~d)の要求に関しては記録を作る必要はありません。
誰が見てもその人のスキルがわかりやすいように見える化してる企業が多いですが、
弊社では他社でどのような取り組みをしているかご紹介させていただいておりますので
ぜひお問い合わせください。


メールアドレス