ISO14001、環境の自覚教育はどのような内容が適切?


4.4.2 力量、教育訓練及び自覚
組織は、組織によって特定された著しい環境影響の原因となる可能性をもつ作業を組織で
実施する又は組織のために実施するすべての人が、適切な教育、訓練又は経験に
基づく力量をもつことを確実にすること、また、これに伴う記録を保持すること。
組織は、その環境側面及び環境マネジメントシステムに伴う教育訓練のニーズを明確にすること。
組織は、そのようなニーズを満たすために、教育訓練を提供するか、又はその他の処置をとること。
また、これに伴う記録を保持すること。

組織は、組織で働く又は組織のために働く人々に次の事項を自覚させるための手順を確立し、実施し、維持すること。

a)環境方針及び手順並びに環境マネジメントシステムの要求事項に適合することの重要性
b)自分の仕事に伴う著しい環境側面及び関係する顕在又は潜在の環境影響、並びに各人の
作業改善による慣行上の利点
c)環境マネジメントシステムの要求事項との適合を達成するための役割及び責任
d)規定された手順から逸脱した際に予想される結果

ISO14001でいう環境に関する自覚教育というと、紙・ゴミ・電気を削減しよう等
環境活動とはこんなことですよと話をしている企業様が多いようです。
環境に対する問題意識を持ってもらうことは大事なことですが、自分が
何をすればいいのだろうということは理解されにくいと思います。

大切なのは、自分が効率よく作業を行うことによって、環境面にプラスになることが
何かを理解させること、手順通りやらなかったらどれだけ周りに影響を与えるのかを考えさせること。
自分たちの仕事がいかに地域環境にプラスになるのかを理解させることが教育になります。

ISO14001の認証を既に取得されていらっしゃる企業様でも、
どのようなことをやればいいかわからず、お困りでしたら是非当社までお声掛け下さい。


メールアドレス