ISO22000とHACCPって、どんな違いがあるの?


ISO22000とは「食品安全マネジメントシステム-フードチェーンの組織に対する要求事項」です。
簡単に言うと、生産から食卓まで、食品に関するすべての過程において、食品危害を防ぐための
仕組みを作りましょうというものです。

HACCPとは食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある微生物汚染等の危害をあら
かじめ分析し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じれば安全を確保で
きるかというものです。

HACCPは、アメリカで開発された食品衛生上の危害発生を予防するシステムで、製品を製造する重要
な項目を洗い出し、重点的に管理するものです。
ISO22000(食品安全マネジメントシステム)は、品質マネジメントシステムのISO9001の考え方と、
食品安全のリスク分析の手法をHACCPから取り入れた、ISO規格です。
ISO22000の規格は、HACCPのように食品業界だけに適用される規格ではなく、食品のライフサイクル
全ての業界を視野に入れた規格です。

簡単に言うと、ISO22000は食品安全国際規格、HACCPは食品安全のガイドラインです。


メールアドレス