ISO9001の新規認証を考えていますが、どんな手順書が必要になるの?


お世話になっております。ISO総合研究所の竹嶋です。
本日はISO9001の新規認証をする際に必要な手順書をお話しさせていただきます。

ISO9001の要求事項で「文書化された手順」と記載のある箇所が6つあります。
また、これ以外に「明確にすること」と記載のある個所があります。

何が違うのか?
「明確にすること」・・・はっきりしていてまちがいのないこと。
「文書化された手順」・・・その手順が確立され、文書化され、実施され、維持されていることを意味する。
つまり、ISO9001では文書化された手順と書かれている箇所には必ず手順の作成が必要になります。

ISO9001ではどのような個所に手順が必要になるのか?
6つの手順が必要なものを以下に記載いたします。

4.2.3文書管理、4.2.4記録の管理、8.3不適合製品の管理、
8.2.2内部監査、8.5.2是正処置、8.5.3予防処置

最低限、この6つの要求事項があれば最低限手順はいらないです。
記録として残さなければいけないものもありますので、
記録として残さなければいけないものの話はまた後日書かせていただきます。

他にも従業員の人数、理解度に応じて、他にも手順書を設けなければならないこともあります。
手順書はISO9001と関係なく皆が解りやすく、使いやすいものを作れると良いですね。


メールアドレス