ISO9001を取得する際は、どんな記録が必要なの??


いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所の田中陽介です。

今回はISO9001を取得する際についてご案内いたします。
よく、新規で取得するお客様をお手伝いする際に
「ISO9001を取得する際って、どんな記録が必要なの?」というお言葉をいただきます。

必要な記録は大きく以下の2つに分けられます。

①通常のお仕事で使用している記録
②ISOの運用をスタートして必要になる記録

①に関しては、今までお仕事をする上で必要な記録は、
その都度作成されていると思いますので特に問題がないかと思います。
審査でも実際に使われている記録をサンプリングで確認します。

②に関しては、内部監査やマネジメントレビューに関する記録作成が増えることが一般的です。
今まで内部監査やマネジメントレビュー実施したことがないという企業様が多いと思いますが、
ISO9001の運用では必要になってくる項目です。
但し、実は内部監査やマネジメントレビューに似たようなことは、
既に実施している企業様もいらっしゃるので、そういった場合は不要です。
今までの活動をISO9001で決められている内容に修正することで対応可能です。

上記を考えると、ISO9001をスタートする際に今までの業務内容や活動していることを洗い出してみると、
意外と新たに必要になる記録は少ないのかもしれません。


メールアドレス