• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISOコラム
  • ISO9001の識別管理はどの程度までするべき?
  • 2014年8月26日

ISO9001の識別管理はどの程度までするべき?

いつもありがとうございます。
ISO総研の前田です。

ISO9001の規格要求事項では、識別が要求されています。JIS Q 9001ではなんて書いているかというと、

必要な場合には,組織は,製品実現の全過程において適切な手段で製品を識別しなければならない。組織は,製品実現の全過程において,監視及び測定の要求事項に関連して,製品の状態を識別しなければならない。

となっています。

なぜかISO9001を運用している企業様にお話を聞くと、割りと何でもかんでも識別できないといけないと思っている事が多いです。

実は上に書いたISO9001の規格要求事項を読んで頂きたいと思いますが、どの程度識別しなさいと言う程度は全く書かれていません。それどころか、「必要な場合には」と書かれています。したがって、自社が必要だと感じなければ識別しなくてよいと言うことになります。

ISO9001の規格に振り回されて、なんでもかんでも識別するようなことがないようにISO9001を運用するようにしましょう。

カテゴリー:ISOコラム
関連記事

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ