金属加工業ですが、ISO9001でいうトレーサビリティとはどんなことが当てはまる?


いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所 千葉です。

今回は、ISO9001の要求にもある「トレーサビリティ」についてお話をしたいと思います。
そもそも、トレーサビリティとはどういう意味でしょう?
ISO9001の中では、「作業(仕事)内容を記録した履歴を残し、追跡ができること。」を
さします。
何かあったときに、「いつ」「誰が」「どこで」「何をした」がわかることが大事ですね。

例えば金属加工業の場合ですと、製造工程ではトレーサビリティが求められますね。
「いつ」「誰が」「どの工程(機械・作業)で」「何の作業をした」がわかるように
しておく必要があります。

こんな書類、社内では作っていませんか?
会社によっては「作業指示書」を行われていることが多いかと思います。
また、ホワイトボード等を利用して、作業進捗を行われる会社もあります。

「トレーサビリティ」もそうですが、ISO9001では英語を翻訳しているため、カタカナ用語が
多くあります。
しかし、実際の仕事にあててみると、実は既に行われている仕事も多くあります。
自分の仕事がISO9001のどこに当てはまるのか、考えてみましょう。


メールアドレス