• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISOコラム
  • ISO9001、顧客の所有物って、たとえばどんなものがあるの?
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年8月29日

ISO9001、顧客の所有物って、たとえばどんなものがあるの?

いつもありがとうございます。
ISO総研の栗林です。

ISO9001において顧客の所有物は、提供された時に使用に適しているかどうかを検証し自組織のものと間違わないように、顧客の所有物である事の識別をする必要があります。また、それを使用、保管中に紛失、損傷しないよう保護、防護する管理をしなければなりません。

そもそも顧客の所有物って?

では顧客の所有物とはどういった物があるのでしょうか?一部を記載致します。

製品に含まれるために支給される原料または材料、部品
顧客から提供される測定機器、検査、試験装置
顧客が所有する建物、設備、機械、金型等
顧客の所有物の第3者への運搬のような、顧客の代理によって供給されるサービス
仕様書、設計図、顧客の社内情報を含む顧客の知的所有権
加工外注での支給素材
開発環境提供
技術・知識
部屋の鍵
支給されたテストプログラム等

このように、「顧客の所有物」は「物」に限定されません。これらの例でわかるように顧客の所有権があるもので、組織が管理し使用するものであれば支給品だけでなく、サービの供与や貸代・預かり品など広い範囲で考えなければなりません。技術や知識も「顧客の所有物」になるのです。

カテゴリー:ISOコラム

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

関連記事

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ