• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISOコラム
  • 【ISO14001】1年に20リットル程度の廃油しか出ないのですが、廃油漏れの緊急事態のテストは必要?
  • 2014年9月4日

【ISO14001】1年に20リットル程度の廃油しか出ないのですが、廃油漏れの緊急事態のテストは必要?

ISO14001において、結論的には廃油漏れに関して緊急事態のテストは必須ではありません。

1年に20リットル程度の廃油しか出ないという事例が指す通り、業務内容や規模によって環境に与える影響は変わってきます。廃油漏れはもちろん発生するとダメですが、取り扱う頻度によって、発生するリスクや頻度も変わります。

ぜひ、ISO14001を取得している企業様は、何でもかんでも緊急事態に位置づけるのではなく本当に環境に与える影響が大きい場合に緊急事態に位置づけることを考えて下さい。

ISO14001において緊急事態に位置づけたら、定期的にテストを実施して手順書通りに対応できるどうか確かめる必要があります。

カテゴリー:ISOコラム

ISO総研

関連記事

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ