• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISO14001
  • 【ISO14001】濃硫酸を使用しています。法的にどんな対策が必要?
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年9月30日

【ISO14001】濃硫酸を使用しています。法的にどんな対策が必要?

ISO14001の中で、重要な項目として、法令順守があります。
今回は、濃硫酸を使用している際に法的にどんな対策が必要かを記載させて頂きます。

濃硫酸とは、濃度の高い硫酸のことを指します。強力な酸化力や脱水作用を有し、強酸性媒体で、毒物及び劇物取締法の劇物に分類されます。

劇物の規制内容

以下が規制内容です。

1)毒物・劇物を販売・授与の目的で製造・輸入する者は、それぞれ登録を受けなければ、毒物・劇物の製造、輸入、販売、授与、販売若しくは授与の目的での貯蔵、運搬、陳列をしてはならない。

2)学術研究のための特定毒物を製造し、若しくは使用等ができる者として、都道府県知事の許可を受けた者でなければ、特定毒物の製造、輸入、使用、譲渡、譲受け、所持等をしてはならない。

3)毒物・劇物営業者は、毒物・劇物を直接に取り扱う製造所、営業所又は店舗ごとに、専任の毒物・劇物取扱責任者を置き、毒物・劇物による保健衛生上の危害の防止に当たらなければならない。

4)毒物・劇物の取扱い
・盗難、紛失の防止措置を講ずること。
・外に飛散、漏れ、流出、滲出、地下への浸透防止措置を講ずること。
・容器に飲食物と間違いやすいものを使用してはならない。
・廃棄については政令で定める技術上の指針に従うこと。
・運搬、貯蔵その他の取扱いについて、技術上の基準等を遵守すること。
・毒物・劇物営業者及び特定毒物研究者は、事故が発生した場合にその旨を保健所、警察署又は消防機関に届出るとともに、必要な措置を講ずること。

簡単に言えば、専用の設備に保管、目の届くところに保管、施錠、漏洩、流出を防止。必ずラベル表示、移動、運搬には注意をするということです。

ISO14001では、法令順守が非常に重要となります。濃硫酸に限らず、法令を順守しないとどのようなデメリットがあるのかを考え自社のためにも法令順守をしっかり行うことを意識しましょう。

ISO14001取得をお考えでしたら、是非一度弊社までお問い合わせください。

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
カテゴリー:ISO14001
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ