• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2014年10月1日

ISO9001でいう作業環境って、どんなこと?

ISO9001の中で、作業環境という言葉が出てきます。
作業環境とはいったいどういったことでしょうか?

ISO9001の規格要求では、『製品要求事項への適合を達成するために必要な作業環境』を求めています。
作業環境は、条件の集まりとのことで、例えば、温度、湿度、空気清浄度、照度、風速、落下細菌数、光などを含めた条件の集まりが作業環境ということになります。

製品要求事項を満たすために、効果的に作業が行われるための作業条件(主に人的要因)、製品要求事項を保持するために必要な環境条件(主に物理的要因)を洗い出し、管理しなければなりません。

人的要因と物理的要因

・創造的な作業の方法と機会
・安全規則及び安全の手引き(保護具の使用を含め)
・人間工学
・職場の位置
・社会的相互作用
・組織の人々のための施設
・熱、湿気、光、気流
・衛生、清浄、騒音、振動および汚染

一般的には、組織の製品要求事項への適合を達成するために必要な作業環境の観点からとりあげるということで考えられています。

ISO9001の作業環境の管理としては、誰が、どこを、どのように管理するのかはっきりと定め実施しておく方が良いでしょう。

カテゴリー:ISOコラム
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ