ISO14001を取得するためにはどんな準備が必要?


いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所の田中陽介です。

今回はISO14001を取得するためにはどんなことが必要かをご案内していきます。
ISO14001とは環境マネジメントシステムという名称で、
環境に関するルールを構築する必要があります。

その構築の中で特に重要な事項は以下、“環境側面の洗出し”と“法令の特定と順守評価”の2つです。
ISO14001のスタートは、この2つの事項から確認していくことが一般的になります。

■環境側面の洗出し
①自社の業務ではどのように環境影響を及ぼしているかを洗い出す
②その中で特に、環境に影響のある活動を決める(“著しい環境側面”と呼びます)
③著しい環境側面を考慮して、目的目標を設定する。
④目的目標を達成するための活動を実施していく

■法令の特定と順守評価
①自社の業務に関連する法令を洗い出す
②洗い出した法令が守られているかをチェックする
③仮に、守られていない事項があれば対応する

上記は、ISO14001を認証する場合には必ず必要な項目ですが、
実はISO14001を認証しなくても、企業としては必要な事項ではないでしょうか。
自社の状況を把握するという意味でも実施されてはいかがでしょうか?


メールアドレス