• ISO
  • Pマーク
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISOコラム
  • 【ISO14001】消火器に関する法律が変わったって聞いたんだけど、具体的にどんなこと?
  • 2014年10月16日

【ISO14001】消火器に関する法律が変わったって聞いたんだけど、具体的にどんなこと?


いつもご愛読いただきありがとうございます。
ISO総合研究所 千葉です。

ISO14001を運用する中で、法令の順守は必須事項です。
ココが出来なければ審査で不適合となるポイントです。
逆を言えば、ISO14001の中でも、法律や条例を知り、守ることが
環境に優しい行動につながる、ということですね。

ISO14001を運用される企業でしたら、どこにでも「消火器」は
存在しているのではないでしょうか。
賃貸ビルで管理されている、現場に持ち込んでいる、自社で管理している。
そのやり方は様々にしろ、持っていることには変わりありません。

消火器の管理方法ですが、平成23年に改正されたのはご存じでしょうか?
そのきっかけは、老朽化した消火器の破裂事故でした。
20年以上経過した消火器で、複数の事故が発生したのです。

その後、同様の事故が起こらないよう対策を練り、法律が改正されています。
変更箇所は以下になります。

1.規格省令の改正
古い消火器を置きっぱなしにしないため、使用期限等の注意事項を表記することが
決まりました。
加えて、消火器の規格も変更され、平成24年より古い規格の製造・販売・設置は
禁止されました。

とはいえ、既に設置済みのものもあります…。
これは、平成33年まで猶予期間として設置が認められています。

2.点検基準の改正
蓄圧式消火器の機器点検の時期が、製造後3年から5年に緩和されました。
(加圧式消火器は、従来通り製造後3年で実施)
その代り、設置後10年を経過したもの、外形点検において本体容器に腐食が
見つかったものは3年ごとに水圧検査が求められるようになりました。

ISO14001を運用する中で、皆様の企業では既に対応しておりますでしょうか?
改めて、見直してみるのもよいかもしれませんね。


カテゴリー:ISOコラム
関連記事
0120-068-268
資料請求
お問い合わせ