製造業ですが、ISO9001の予防処置の事例を教えて?


ISO9001を取得する中で、予防処置があります。
では、予防処置とは一体なんなのでしょうか。
それは、「今後起こりうる現象を未然に防ぐこと」を指しております。

ISO9001規格要求事項ではどのようなことが記載されているのでしょうか?
8.5.3 予防処置
a)起こり得る不適合及びその原因の特定
b)不適合の発生を予防するための処置の必要性の評価
c)必要な処置の決定及び実施
d)とった処置の結果の記録(4.2.4参照)
e)とった予防処置の有効性のレビュー

品質マネジメントの諸業務に関して発生することが予見される問題を未然に防ぐ処置のあり方、及び、
その未然防止処置が効果的であるために必要な手順を規定しており、
更に組織が、それら手順の効果的な実行に必要な事項を織り込んで未然防止処置の手順を確立し、
文書化すべきことを規定しています。

製造業で、予防処置としてできることは、
事前に不良品を出さないように事前に何ができるかを考えることではないでしょうか。
例えば、
機械を動かす前に事前に点検をすることによるトラブル回避や、
旋盤のベアリング付近の振動計の読みが急増したので、
数ヵ月後には切削加工面の粗さが悪化する恐れがあるから、
今のうちにベアリングの交換をする等の行為があると思います。

普段の業務の中で、やっている行動が予防処置になっていることも多々あると思います。
今一度業務を見直してみることもいいかもしれません、
ISO9001のためにやるのではなく、現状でやっていることを探し当てることをお勧めします。


メールアドレス