ISO9001の内部監査における不適合の基準って?


いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所の野瀬でございます。

先日、ISO9001新規取得を目指しているお客様先にて、
「ISO9001で内部監査をするときに、何を不適合にしたらいいんですか?」というご質問をいただきました。

ISO9001の規格としては、以下の事項が満たされているか否かを確認するために内部監査を実施するとあります。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
a) 品質マネジメントシステムが,個別製品の実現の計画(7.1 参照)に適合しているか,
この規格の要求事項に適合しているか,及び組織が決めた品質マネジメントシステム要求
事項に適合しているか。
b) 品質マネジメントシステムが効果的に実施され,維持されているか。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
a)については、企業が決めたISO9001のルール通りにやれているかどうかを見ていきましょうということです。
また、b)については、そもそも企業が決めたISO9001のルールが、
企業の目的を達成出来るのかどうかを見ていきましょうということです。

難しく考えてしまいがちなISO9001ですが、
もっとシンプルに会社が目的を達成するために動けているかどうかをみていきたいですね。


メールアドレス