【ISO】統合審査について


お客様の中でISO9001とISO14001の2規格を取得されている事業者様は
多くいらっしゃいます。ISOでは適応範囲という全社で取得はせず、部署
単位でのISO取得をされている事業者様もいます。
その中で同じ部署間、又は全社単位でISO9001、ISO14001の2規格両方を
取得されている事業者様は1規格ずつ審査を受けるのではなく、同日で2規格の
審査を受ける事もできます。ではメリットとしてはどのようなことがあるのでしょうか?

■メリット
①2規格一緒に審査を受けることで、審査料が安くなる審査機関もある。
(全ての審査機関では該当しません)

②同日で審査を受けることで、審査日程がばらけることなく、1年を通して一定の時期で審査
を受けることができる。

③2規格の統合マニュアルで審査を受けることができる

逆にデメリットはあるんでしょうか?

■デメリット
①一回の審査日数が長くなってしまう。

②審査への対応者が1人では足りない場合があるので、対応人員が多く必要な場合がある。
(審査機関との日程調整も可能なので、多大な負担になる事はないと思います)

ISOを2規格以上取得のお客様で別々に審査を受けられている場合は、統合審査とういう選択肢も
考えてみてはいかがでしょうか?


メールアドレス