• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

ISO9001・ISO14001の重要なポイント

  • ISO
  • ISO9001・ISO14001の重要なポイント

ISO9001の重要なポイント

文書作成と記録保持

文書化すべきポイント
記録を保持スべきポイント
手順が分かればフロー図でも動画でもなんでもOK!

書き方や手順がわかる帳票はそれだけで文書としての効力を果たしていると考えられます。帳票が揃い手順が明確になっているのであれば、2015年版のISO9001は本当に最低限の運用が可能です。

「プロセス」を明確に記載する

言った言わないの予防履歴残し
ISO取得
企業の保身

仕事というのは必ず人を介すため、人と人が情報をやり取りする時に口で伝えるだけだと記憶は必ず薄れます。そこで人と人の間に何かしらの記録を残すわけです。後で「言った言わない」の予防にもなりますし、忘れてしまう事の防止にもなります。更に言うと、メモを取ることで無駄な情報は忘れて頭をクリアにすることもできます。
その記録をインプットとアウトプットに分ける工程が『プロセス』です。

目標の数は増やし過ぎない

目標に向かって全力投資
最大の効果を生む

経営者や管理職の方々と話していると、目標について非常に多くの理想を抱えていらっしゃることがわかります。
バイタリティに富んで、様々な角度から目標を立てたがりますが、まずは経営目標と違ったことをしないようにしましょう。
特に中小企業は人的資源、金銭的資源、時間的資源をあまりかけることができません。そんな中で多くの目標を掲げてしまうと全てが中途半端になってしまいます。
「ここを今年は重点的にやる」と決めた事をたった一つだけ絞り込んで、そこに全資源を投資する。それが最大の効果を生むと考えましょう。
特に経営目標を掲げている企業についてはそれだけに注力するべきです。ISOの目標も作ってダブルスタンダードになるよりは、先ずは企業の目標を全社員で追いかけられる仕組みを考えたほうがずっと良いでしょう。

これらたった3つのポイントを押さえてISO9001を効率的に運用すれば、
規格のことなど大して理解していなくても審査には十分通用します。

それでもやり方がやっぱりわからない・
さらに詳しく知りたいという方は
ISO総研にお問い合わせください!
0120-068-268
資料請求
お問い合わせ

ISO14001の重要なポイント

組織及びその状況の理解

ISOの仕組みは単に「認証のため」「審査のため」に構築するのではなく、自社のために構築することを要求しています。

会社の為の制度構築が大切!

具体的には、目的及び戦略を明らかにした上で、それらに影響がある組織の外部及び内部の課題を明確化することが求められます。
組織の外部課題は、企業が直接コントロールできないようなもの――たとえば、変化する法規制等への対応、マーケットの変化などを考えることです。
内部課題は、企業がコントロール又は影響を及ぼせるもの――たとえば、外部業者の適切な委託、従業員への教育というものを考えることです。
これらの外部及び内部課題を認識して、「ISOという仕組みとどのように関連付け、どう対応するのか決める」ことが、まずはじめに問われます。

利害関係者のニーズ及び期待の理解

まず「利害関係者」は誰なのか洗い出しましょう。ここでも、イコール取引先とは考えないことをお勧めします。「地域住民」「協力会社」「従業員の家族」等、考えればたくさん出てくるのではないでしょうか。
利害関係者が決まったら、次にニーズと順守義務について考えましょう。
「利害関係者から求められるもの」「企業として順守すべきもの」が何なのか、見直すきっかけになります。

会社の為の制度構築が大切!

組織にとって利害関係者は誰かを決定し、さらにその利害関係者のニーズと守秘義務となるものを決定します。

リーダーシップ

リーダーシップの定義

今までは「トップマネジメント」という、組織のトップが権限を持ってISOの管理を行っていく、という考えでした。
しかし、業務ごとに考えた場合、本当にトップマネジメントは正しいのでしょうか?
新規格では、経営層が全ての判断を行うわけではなく、現場毎、業務毎にリーダーシップを発揮する必要性が出てきています。
そのため、最終判断を行うトップだけでなく、もう一歩現場に近い場所で運用する人の組織体が必要になります。

リスク及び機会への取組み

リスクマネジメント

新規格で生まれた新しい概念です。
リスク=「不確かさの影響」と説明されています。
機会=「何かをする良い時期」つまり、タイミングと考えてください。
法令で例えてみましょう。
平成27年2月、株式会社Aではある問題が話し合われていました。
平成27年4月1日に「フロン排出抑制法」が施行されるというのです。
しかし、平成27年2月時点では、「法律の改正」という情報のみで、まだ施行されていません。
これが「不確かさの影響」で、
どの程度リスクがあるかまだ判断できません。
では、そこに対する「機会」はどうでしょう。
1.株式会社Aに「フロン排出抑制法」が該当するか確認する
2.「フロン排出抑制法」が該当する場合、何をしなければいけないか確認する
3.「フロン排出抑制法」の順守評価を行う
というステップが必要になりますね。
この、1~3はいつやるのが良いタイミングでしょうか?
これを「機会」と考えてください。

パフォーマンス評価

監視・測定
結果物の出来映えや効果に対する評価を、組織が明確化します。

力量

順守義務と力量の関係が明確化!
2004年度版は「法的及びその他要求事項」と力量は分けているような表現でしたが、2015年度版では「順守評価」も力量と関係していることが明確になりました。

内部・外部コミュニケーション

コミュニケーションが大切

外部と内部の情報伝達を同等に重視する、情報伝達戦略の必要性の規定が追加されてます。
7.4項(コミュニケーション)に外部、内部の両情報伝達の一般的な要件が一括で掲載されています。
ISO14001:2015(EMS)では、04年版でもそれぞれの異なる要件を分離して規定しています。
この4.4.3 a),b)が7.4.2、7.4.3項として書き直され、記述が詳細になってます。

いかがですか?

2015年度版の規格では、「ISO(アイエスオー)のための運用はやめにしよう」といった意図があり、
会社のためにISO(アイエスオー)を運用されていることが求められます。
規格に合ったルールをシンプルで最小限にすれば、その分運用は楽になります。
言い換えると、ルールを膨らませれば膨らませるほど、運用は重くなり形骸化してしまいます。
どんなに立派なルールがあっても、形骸化してしまっては意味がありません。

ISO総研のサービスは、運用可能でかつ規格に合ったルールを作成し、運用のサポートまで実施するものです。
お客様のお手間を限りなく『ゼロ』に近づけることが当社のミッションです。

シンプルにISO14001:2015(EMS)を取得したいとお考えでしたら
ISO総合研究所までご連絡ください。

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ