Pマーク(プライバシーマーク)やISOのサポートで、ISO総合研究所が安いと言われる秘密


いつもご愛読いただきありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの結石(ケイシ)です。

 


突然ですがISO総合研究所の運用代行サービスの費用はISO(アイエスオー)9001、ISO14001、ISO27001(ISMS)、

Pマーク(プライバシーマーク)のコンサルタント業界の中で安いとお客様に良く言われます。

 

当社の営業は基本、反響営業です。HP(ホームページ)やFAX(ファックス)の訴求でよく、

「ISO(アイエスオー)運用代行、Pマーク(プライバシーマーク)運用代行 月々たったの2.5万円の費用で全ての作業を代行します!」とお伝えしております。

お問い合わせを頂く際の印象としては「安かろう悪かろうではないの?」というイメージだと思います。

 

 

 

しかし、ISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)のコンサルタント業界の中で圧倒的に安すぎるので結局、気になって反響を頂きます。

営業に行っても「安いけど、大丈夫?」「これ本当に任せて大丈夫なの?話がうますぎない?」という事を毎日のように言われていました。

そこで、安く、お客様に工数をかけないサービスを提供できる秘密をこっそりお教えします。

 

 

 

ISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)のコンサルタント業界の認証取得支援サービスはどれくらいの費用が相場なのでしょうか。

1990年代、大手取引先の契約の条件として、ISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)の取得が義務付けられ、

官公庁の入札条件にも考慮されるなどの背景により、中小企業の中で「取得しないと競合に置いて行かれるのではないか?」「取得しないと事業がなりゆかない」といった

声が増加し、認証取得を希望する企業が続出しました。

 

 

 

いわゆるISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)のコンサルタント業界の全盛期です。

 

 

 

当時のコンサルタントはISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)の認証取得支援サービスで年間600万にてコンサルタントをしていたような時代でした。

取得後も定期的に審査があるため、中小企業のISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)担当者は準備に時間を取られ、

残業をして書類を作る日々が待っていました。少しでも負担を解消しようと、取得後のコンサルタントも年間300万で継続している企業が多数でした。

ISO総研研究所も最初はISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)の認証取得支援サービスで年間600万頂いていた時代もありました。

 

ISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)の認証取得を希望する中小企業がまだまだたくさんある頃は

1人のコンサルタントが年間で2本受注すれば、300万近くの売上を上げることができました。

コンサルタントの基本は、2年後を見込めないため、コンサル料をいかくに高く取得するかが鍵となりました。

そのために「あれもした方がいい。これもしないと審査に落ちますよ」とノウハウを提供することで価格を吊り上げています。

 

 

 

しかし、考えてもみてください。

Pマーク(プライバシーマーク)は2015年10月12日現在で14,256社にPマーク(プライバシーマーク)を付与しています。

ISO(アイエスオー)に至っては約38,000社が付与されています。ここまで普及している背景として、ISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)認証制度の特徴として、

取得を希望している企業を無闇に審査の結果にて落とすようなことはしないのです。

改善してほしい内容があれば、それは審査機関より通知されます。それを改善していけば、必ず認証取得できるものです。

 

HP(ホームページ)で「ISO(アイエスオー)コンサル」「Pマーク(プライバシーマーク)コンサル」と検索してみてください。

取得する難易度が高く、さもノウハウの提供が必要そうにノウハウを売るワードはそこら中に飛び交っております。

審査機関の在り方も変わり、特別にやりすぎることなく、

実務を活かしてISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)マネジメントシステムを構築すれば、充分に取得できるものです。

 

 

そう、今はノウハウを売る時代ではないのです。「あれもした方がいい。これもしないと審査に落ちますよ」と

規格要求事項以上にルールやノウハウを提供しても、

中小企業のISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)担当者は本業と兼務で活動しています。

その他に実際に作業をする時間はなくて、負担ばかり増えてしまうのです。

 

 

弊社の代表が実際にISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)のマネジメントシステムの構築をした際に

「こんな面倒くさいこと二度とやりたくない。」と思ったそうです。専門家でも面倒と感じる作業、では実際の担当者はいかがでしょう。

 

 

 

こんな業界の常識を変えなければならないと考え、ノウハウ提供型サービスのコンサルタントを脱却して、

2年後を見込んだサービスを提供し、何年もサービスを利用してもらうサービスへと変化を遂げました。

中小企業のISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)担当者が一番苦労している審査に向けての書類作り、

過去のコンサルタントが作り上げた膨大な書類の山、これらのムダをISO総研研究所が事務局代行としてサポートすることで実質、

 

 

お客様の工数はゼロにします。

 

 

このサービスをご利用して頂いたお客様からは「審査前にバタバタしなくて済む」

「ISO(アイエスオー)、Pマーク(プライバシーマーク)のことを何も考えず本業に専念できるよ」という声を頂いております。

 

今では実績として、ISO(アイエスオー)運用代行サービス、Pマーク(プライバシーマーク)運用代行サービスをご利用いただいているお客様は1,300社を超え、

継続率も93%になっております。長くお手伝いさせて頂くお客様が増え続けることが単価を下げて、工数をゼロにするサービスを提供し続ける秘密になっております。


メールアドレス