• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISO9001
  • ISO9001:審査で見られるポイント
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス

ISO9001:審査で見られるポイント

-shared-img-thumb-YOTA93_minogasanai15133536_TP_V (1)

「ISOの審査」。。。「嫌だ」と思われる方は多いかと思います。
現地審査は実態に合っているかという点が見れらています。簡単に言うとISOのための活動がないかです。

それでは、ISO9001の審査を受ける際、現場の負担がどれくらいあるのか、事例をもとに見てみましょう。

悪い事例

まずは悪い事例から。

ISO9001規格には、6つの“文書化された手順”の要求事項と、19の記録に関する要求事項があります。そのため、これら6種類の手順書を作成し、19種類の記録様式を作成する場合があります。「文書管理規程」や「設計・開発の妥当性確認シート」などが、これにあたります。

このようなスタイルで仕組みを構築していくと、現場ではただただISO審査用の記録を作るための作業になってしまい、結果として本業にかける時間を圧迫し、仕組みが形骸化していくことになります。

良い例

では、良い例を見てみましょう。

ISO9001規格が要求している“文書化された手順”とは、なにも別冊の手順書を作ることを意図しているのではありません。手順が明文化されていればよいのです。

記録に関する要求事項も、記録様式を新たに作ることを求めているのではありません。お仕事で実際に使われている記録様式が、ISO9001の基準に沿ったものであれば、すでに記録に関する要求事項はクリアです。

あとは、社長が明確に方針を提示し、これを達成するために目標を設定して活動すること、内部監査やマネジメントレビューを実施することで、現場での負担が抑えられる仕組みとすることができます。

最後に

より実際的なISO9001の仕組みを作っていくためには、文書主義ではなく現場主義のコンサルタントを選定することや、自社の業界に強い審査機関を幾つか比較検討することも有効です。

もちろん弊社でもISO認証の新規取得に向けたお手伝いが可能です。
情報を収集されていらっしゃる方は、ぜひISO総研へお問合せください。

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
カテゴリー:ISO9001 タグ:ISO ISO9001(QMS) 新規取得(新規認証)
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ