• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISO9001
  • ISO9001:2015年規格改訂7.1.6項「組織の知識」規格解釈

ISO9001:2015年規格改訂7.1.6項「組織の知識」規格解釈

-shared-img-thumb-S001_megane0220140830145944_TP_V

いつもご愛読いただきましてありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの田牧です。

今回のテーマは、「ISO9001:2015年規格改訂7.1.6項「組織の知識」規格解釈」です。
この部分は今回の規格改訂において、新しく追加された項目の1つであり、その組織固有の技術等の継承することを目的としたものです。

はい、もうこのテーマとそのあとのくだりを読まれて、意気消沈ということはないでしょうか?今から書こうという私は、若干テンション下がり気味です。でも、やらなければならない。これ仕事だから・・・。いやいや、本ブログを読まれる皆様がいる限り!!少しでも皆様がISOについてご理解いただくために頑張ります!!!
皆さんも少しの間、頑張ってお付き合いください。(実はそんなに難しくありませんから!!)

では、まずは2015年版の要求事項に書かれている部分を見てみましょう。

2015年版の要求事項

7.1.6  組織の知識

組織は、プロセスの運用に必要な知識、並びに、製品及びサービスの適合を達成するために必要な知識を明確にしなければならない。
この知識を維持し、必要な範囲で利用できる状態にしなければならない。
変化するニーズと傾向に取り組む場合、組織は、現在の知識を考慮し、必要な追加の知識及び要求される更新情報を得る方法又はそれらにアクセスする方法を決定しなければならない。

注記1 組織の知識は、組織に固有な知識であり、それは一般的に経験によって得られる。それは、組織の目標を達成するために使用し、共有する情報である。
注記2 組織の知識は、次の事項に基づいたものであり得る。

a) 内部情報源(例えば、知的財産、経験から得た知識、失敗から学んだ教訓及び成功プロジェクト、文書化していない知識及び経験の取得及び共有、プロセス、製品及びサービスにおける改善の結果)
b) 外部情報源(例えば、標準、学会、会議、顧客又は外部の提供者からの知識収集)事項に取り組む必要のあるリスク及び機会を決定しなければならない。

こちらについては、新たに盛り込まれた内容でありますが、2008年度版において、近い部分と言われている箇所を見てみましょう。

6.2 人的資源
6.2.1 一般

製品要求事項への適合に影響がある仕事に従事する要員は、適切な教育、訓練、技能及び経験を判断の根拠として力量がなければならない。

いかがでしょうか?私個人的には、新規格においては何となくわかるような・・・
でも、引っかかるのが「知識」とは?どのようなもののことを指すのか?明確に示されないのがISOを難しくしてしまうポイントですよね。

規格を読み解く

再度、規格を確認してみましょう。

『プロセスの運用に必要な知識、並びに、製品及びサービスの適合を達成するために必要な知識』と記載されています。このことについて、規格の中では事例を上げてくれています。しかも、内部と外部に分けて。(なんて丁寧なんでしょう。)

『a) 内部情報源(例えば、知的財産、経験から得た知識、失敗から学んだ教訓及び成功プロジェクト、文書化していない知識及び経験の取得及び共有、プロセス、製品及びサービスにおける改善の結果)』
『b) 外部情報源(例えば、標準、学界、会議、顧客又は外部の提供者からの知識収集)』

規格から抜粋して読み直すといかがでしょうか?何となく社内に当然とある、認識されているものが思い浮かびませんでしょうか?

この中で、注目すべきは『文書化していない知識及び経験』ではないでしょうか?これはつまり、文書化されない熟練者の「技」や「コツ」などがこれに当たるのでしょう。よく伝統工芸の世界の話や料理界などでも「技は目で見て盗め!!」なんて耳にしますが、この辺りの盗むものを明確にすることを求められているということですね。まあよく後継ぎ、後継者育成の問題で上がられている点ですよね。

事業を継続していく中で、いつのまにか必要な「知識」が失われてしまって適切な品質を維持できなくなるなどということがないように、「知識」を伝承・獲得していく仕組みを構築することが重要ということですね。
そしてこの知識を管理することを求められています。皆様の組織におかれましては、このような知識の継承はどのようにされているのでしょうか?今一度お考え頂き、明確にしてみてください。

ISOの規格より求められている各種事項は、企業等の組織を運用・運営する中でほとんどが無意識のうちに実施されているモノばかりです。規格文書を読みだすと難しく、眠くなるようなものばかりですが、組織・業務改善のためと思い、お読みいただくことをおすすめいたします。本ブログも、まだまだ続きますので、今後もご購読をよろしくお願いいたします。

また、ISOについて、不明な点等あれば、お気軽にISO総合研究所にご相談等頂ければ幸いです。

カテゴリー:ISO9001 タグ:ISO ISO9001 とは 何 規格解釈

ISO総研

関連記事

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ