• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISO9001
  • ISO9001:6.1リスク及び機会に対応するための処置
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス

ISO9001:6.1リスク及び機会に対応するための処置

-shared-img-thumb-150415361974_TP_V

こんにちは、ISO総合研究所コンサルタントの栗林憲士です。

暖かくなったり、寒くなったりめまぐるしく変わって、体調も崩されている方も多いのではないでしょうか?弊社ではインフルエンザは流行っていませんが、花粉症メンバーが早速病院に行って薬をもらってくるなど苦しそうな姿が見受けられます。

3月に入りあっという間に花見の季節に突入しそうですね!ISO9001の規格改訂シリーズということで今回のテーマは「6.1リスク及び機会に対応するための処置」まず今回の規格改定においての特徴としてマネジメントシステム規格の整合化があります。

マネジメントシステム規格の整合化

2012年以降に改定された規格については、整合化をはかるために構造が統一されることになりました。どの規格を見ても同じ項番にあるなどです。これをハイレベルストラクチャーと呼び、複数規格の認証取得をしている場合には、統合しやすくなっています。

6.1.1 QMSの計画に際して、4.1の課題及び4.2の要求事項を考慮し、次の事項への対応に必要なリスク及び機会を決定する。

1)QMSがその意図した結果を達成し得ることを保証する。
2)望ましい影響を向上させる
3)望ましくない影響を防止又は低減する
4)改善を達成する

6.1.2 リスク及び機会に対応するために、次に示す事項を含む計画を策定する。

1)リスク及び機会への対応の処置
2)これら処置のQMSプロセスへの統合及び実施の
方法、並びに処置の有効性の評価の方法
リスク及び機会への対応の処置は、製品/サービスの適合性に対する潜在的影響に見合うものとする。

注記1 リスクへの取組みの選択肢には,リスクを回避すること,ある機会を追求するためにそのリスクを取る
こと,リスク源を除去すること,起こりやすさ若しくは結果を変えること,リスクを共有すること,又は情報に基づいた意思決定によってリスクを保有することが含まれ得る。

注記2 機会は,新たな慣行の採用,新製品の発売,新市場の開拓,新たな顧客への取組み,パートナーシッ
プの構築,新たな技術の使用,及び組織のニーズ又は顧客のニーズに取り組むためのその他の望ましくかつ実行可能な可能性につながり得る。

今回のISO9001の規格改訂の一番の追加要求になります。リスク及び機会に対応するために処置をしろと要求しています。
ではリスクと機会とは何でしょうか?

リスクとは

リスクは、不確かさの影響。リスクについてはイメージが沸きやすいかもしれません。

・製品の欠陥や社員の流動などの組織内部のリスク
・取引先の倒産や供給先の不祥事などの外部のリスク
・災害や景気の浮き沈みなどの社会のリスク

組織は常にさまざまなリスクにさらされています。
今回、リスクが要求事項に組み込まれたのも、これらのリスクによって顧客満足が満たせなくなるという事実を無視できなくなっているからです。

『リスク』とは『変化』のことです。
時代が変われば、これまでは問題なかったことも、大きなリスクになることがあります。

例えば、現在の社員の平均年齢を把握していますか?
現在は50歳だとしたら、このまま何もしなければ20年後には誰もいなくなります。もちろん、20年の間に新しいスタッフが入ったりするでしょう。しかし、今までのように雇用できるでしょうか?

これも変化の一つです。

機会とは

一方、『機会』とは何でしょうか。
組織は真面目に製品を作って売り、内的外的にも取り立てて大きな問題はない、つまり表だったリスクはないとします。

それでも時代は変動し、顧客の望むものは刻々と変化していきます。その時代のニーズに気付かずに顧客の『望まないもの』を提供するのは大きな機会の損失となります。

『機会』は『リスク』のように表面に表れにくいので、つい見過ごしがちです。改正版の要求事項では、機会についても何らかの対処をすることを求めています。

そもそも、製品には「顧客が望むもの」と「顧客が望まないもの」の二つがあります。
マネジメントとは、顧客が「望むもの」と「望まないもの」を区別して、「望まないもの」を排除し、「望むもの」を適切なタイミングで提供することで顧客満足を高めていこうというものです。

望まないものを提供してしまうことが「リスク」の一部だと考え、望むものを提供することが「機会」の一部と考えるべきだと思います。

この二つに対応する処置を決めた計画を立てておけと要求しています。
よく見ると、文書化した情報の記載がないので、ここに文書・記録の要求はないので、審査レベルで言えば、リスク機会の対応する処置の計画は、口頭で話せればよいということになります。
またこの情報が求められている要求項番としては9.3.2のマネジメントレビューのインプットです。組織の代表者への報告事項として求められており、ここで文書化した情報の保持が求められるので事実上、マネジメントレビュー記録に記載が残る形になります。

現在、規格改訂セミナーや実際に改定作業を行っている方もいるでしょう。
是非、ISO総合研究のコンサルタントにご相談ください。

カテゴリー:ISO9001 タグ:ISO ISO9001 ハイレベルストラクチャー

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

関連記事

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ