• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISOコラム
  • ISO9001:2015(QMS)の規格改訂の「5.リーダーシップ」
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス

ISO9001:2015(QMS)の規格改訂の「5.リーダーシップ」

_shared_img_thumb_CSS85_hurikaeruyouko20131019_TP_V

こんにちは、いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの藤川です。

今回のテーマはISO9001:2015(QMS)の規格改訂の「5.リーダーシップ」をお話したいと思います。ISO9001:2008(QMS)年版の規格でいう「5.1経営者のコミットメント」になります。まずはISO9001:2008(QMS)年版の要求事項をおさらいしてみましょう。

ISO9001:2008(QMS)年版の要求事項

5.1 経営者のコミットメント

トップマネジメントは,品質マネジメントシステムの構築及び実施,並びにその有効性を継続的に改善することに対するコミットメントの証拠を,次の事項によって示さなければならない。

a) 法令・規制要求事項を満たすことは当然のこととして,顧客要求事項を満たすことの重要性を組織内に周知する。

b) 品質方針を設定する。
c) 品質目標が設定されることを確実にする。
d) マネジメントレビューを実施する。
e) 資源が使用できることを確実にする。

ISO9001:2015年版(QMS)の要求事項

では早速、ISO9001:2015年版(QMS)の要求事項を見てみましょう。

5.1 リーダーシップ及びコミットメント

5.1.1 品質マネジメントシステムに関するリーダーシップ及びコミットメント

トップマネジメントは、次に示す事項によって、品質マネジメントシステムに関するリーダーシップ及びコミットメントを実証しなければならない。

a) 品質マネジメントシステムの有効性に責任を負う。
b) 品質マネジメントシステムに関する品質方針及び品質目標を確立し、

それらが組織の戦略的な方向性及び組織の状況と両立することを確実にする。

c) 品質方針が組織内に伝達され、理解され、適用されていることを確実にする。
d) 組織の事業プロセスへの品質マネジメントシステム要求事項の統合を確実にする。
e) プロセスアプローチに対する認識を高める。
f) 品質マネジメントシステムに必要な資源が利用可能であることを確実にする。

有効な品質マネジメント及び品質マネジメントシステム要求事項への適合の重要性を伝達する。

h) 品質マネジメントシステムがその意図した結果を達成することを確実にする。
g) 有効な品質マネジメント及び品質マネジメントシステム要求事項への適合の重要性を伝達する。
i) 品質マネジメントシステムの有効性に寄与するよう人々を雇用し、指揮し、支援する。
j) 継続的改善を促進する。
k) その他の関連する管理層がその責任の領域においてリーダーシップを実証するよう、管理層の役割を支援する。

注記 この規格で“事業”という場合、それは、組織が公的組織か民間組織か、営利組織か非営利組織かを問わず、組織の存在の目的の中核となる活動という広義の意味で解釈することができる。

経営層の品質マネジメントシステムへの関与が強く求められています。具体的な役割が列挙されています。ISO9001:2008(QMS)年版よりも項目が増えています。

要求事項の文末にある“~を確実にする”とは、「(トップの責任の下)確実に~する体制が敷かれている」という意味で、絶対にトップマネジメントが実施しなくても構いません。

ただ、それ以外の項目はトップマネジメントの役目です。審査では、トップマネジメント自身の言葉で語る必要があります。特にg),i),k)については、具体的にどのように実施しているかきちんと答えられるようにしておきましょう。

と、何だか重たいように書きましたが普段のお仕事が行なわれているので当てはまってます!

普段のお仕事と当てはめてみよう

1)会社の方針、目標、当然ありますよね。
(お客様に感動を与える品質を目指す、品質トップ企業になる、売上10億円/年など)

2)部門目標、ありますよね。
(新規顧客100社増加、売上額など)
営業部、設計・開発部、製造部、品質保証部、総務部など・・・各部門にあった目標をさします。

3)会社の方針なしに目標立てられないですよね。
会社の方針とISOの方針を分けて考える必要はありません!
お客様の為に会社が目指すところに向かっていけるように設定してください。
ISOの方針は会社の方針と一緒で問題ありません。

4)ISOのためになんか仕事しませんよね。
お客様のため、会社のためですよね。

5)目標に対して行動を決めますよね。
(1日○○件のDMを送るなど)

6)目標に対しての途中経過を見ますよね。
方針と違っていたら、修正しますよね。
(営業会議での進捗報告など)

7)採用もしますよね。従業員さんの教育も。
(新卒・中途採用、資格支援など)

8)部門責任者、決められてますよね。
経営会議も行なわれますよね。

上記のことを、どうやっているかを聞いているんです。
難しくないですよね~

今回のISO9001:2015年版(QMS)に規格改訂が行なわれる”テーマ”は事業との統合化!!
普段のお仕事していれば、ISO9001:2015年版(QMS)は要求事項に当てはまるんですよ!

ISOのためにやっているようなという疑問が出てきたら、是非、ISO総合研究のコンサルタントにご相談ください!!ニャン!!

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
カテゴリー:ISOコラム タグ:ISO ISO9001(QMS) 規格改訂 規格要求事項
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ